JM1IHU

2020年にアマチュア無線にカムバックしました。細々と続けていきます。

第1回 QRL QSOパーティが開催されるそうです

f:id:radiomusic:20210222234349j:plain


 毎週木曜日23:30-24:00にFM西東京でJK1MIG鈴木さんがパーソナリティを勤めていらっしゃるアマチュア無線に特化したラジオ番組「QRL」が主催する「第1回 QRL QSOパーティ」が開催されるそうです。

 

 

開催 2021年3月1日 0:00(JST)~同年 3月20日 23:59:59

  

基本点
通常のQSOで、相手局の信号強度、相手局のQTH 相手局の名前
日付 交信開始時間 これらが全て確認出来るQSOを有効交信として、1 点

 

 

付加点が面白いです。なるべくQSOでお話しましょうという趣旨ですね。 アマチュア無線の局数は昨年末で39万局を少し切ったようですが、私が開局した1980年頃と同じ位のようで、当時もっとバンドは混んでいたような気がします。鈴木さんも2月18日の放送で仰っていましたが、当時の局長さんはアクティビティーが高かったのでしょうね。リグやアンテナの紹介もかなりの頻度でしていたように思います。なので、この試みはすごく懐かしく、面白いと思いました。

 

 

基本点への付加点


・相手局の WX 気温 の情報 (それぞれ 1 点)
 気温は 外気温 内気温 どちらの情報でもよい


・相手局の リグ アンテナ の情報 (それぞれ 1 点)
 リグは、型名がわかるもの(メーカー名のみ、出力のみは無効)
 自作の場合は、終段などの情報がわかる場合(自作 のみは無効)

 

・相手局のGL 6 桁のもの (例 PM95SR) 2点


・相手局のサフィックスに Q/R/L が含まれる 1 文字あたり 1 点


・自局が CQ 呼び出しを行って成立した QSO 1 点
 その交信終了後、他局から呼び出しがあった場合も同様とする


・交信時間が10分を超えるQSO 10分毎に1点
 交信終了時間がわかるものに限る


・手書きのログでのエントリー(電子ログとの混在は不可とします)
 有効 QSO 数×1点


・連続交信付加点
 開催間中10日間連続で有効交信をした場合 30点
 開催期間20日間全て連続有効交信した場合 60点

 

 

「手書きログ」が付加点になるのも面白いですね。私はプリンターを持っていないので(トナーのメンテナンスが嫌い・・)、紙のQSLカードは手書き、QSOパーティーなど電子ログが提出出来ないコンテストのサマリーシート/ログシートは手書きです。

 

と言いつつも、当局のQSOは殆どFT8なので、このコンテストに有効なQSOがどれくらいできるか分かりません・・