JM1IHU

2020年にアマチュア無線にカムバックしました。細々と続けていきます。

CQ ham radio 2021年3月号

 

CQ ham radio 2021年3月号を読みました。ためになることが沢山書いてありました。

 

■オート・アンテナ・チューナー AH-705(p31-33)

アイコムから昨年暮に発売された「IC-705」専用のオート・アンテナ・チューナー「AH-705」のJI1DLD 小原OMのファースト・インプレッション。気になっていたのですが、この記事と以下の「VUJ Lab.」さんのYouTubeを見て、購入してみることにしました。

 

CQオームさんに注文しました。「8mワイヤーエレメント&黒碍子1個(WAH-705)プレゼント!」ということで少し得した気分。到着が待ち遠しいです。

 

 

■Turbo HAMLOGとWSJT-XやJTDXの連携機能紹介(p34-39)

Turbo HAMLOGの開発者JG1MOU 浜田OMによるFT8関連の新機能の紹介。これは、素晴らしい機能です。WSJT-X、JTDXでの受信状況がリアルタイムに表示できて、過去の更新履歴、HAMLOGユーザかhQSLかも表示されます。

そして相手に73を送ったタイミングでwsjt.logに書き込まれた内容がHAMLOGの入力ウィンドウに転送されます。今までJT_Linkerで出来てきましたが、HAMLOG本体の機能でも自動転送されるようになりました。益々便利になるHAMLOG。すごいです。

 

 

■CW運用 ステップアップ 入門編(p138-142)

前号から始まったJH1JDI 上岡OGによるCW入門連載。昨年も「月刊CW入門講座」でお世話になりました。今回の連載でもCW入門者に有益な情報をご提供頂いております。

今回ご紹介頂いたCW聞き取り練習ソフト「DitDah Runner」は知りませんでした。JI1JDI 神宮OMが開発されたもう一つのCW聞き取りソフト「モールス練習帳」は存じ上げていて、通勤途中に利用させて頂いておりました。「DitDah Runner」は、聞き取った文字列をキーボードで入力して答え合わせできるところがいいです。

 

これまで、私は聞き取り練習ではJH1LHVさん開発の「cw mania」を愛用させて頂いております。コールサインを聞いてキーボードで打ち込めばすぐに答え合わせしてくれるソフトで、より実践的かと思います。2月4日にアップデートされています。